読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく老いる、60代女性のダイエット、美容、健康のためのブログ

もう60代、まだ60代、私達が楽しく美しい日々を過ごすために

このエントリーをはてなブックマークに追加

60代の女性は40代の洋服を選んでいる、という現実 50代のお母さんは娘さんとお揃いの服は止めた方がいいよ

60代女性 お洒落
<

f:id:yume-oi:20160411124315p:plain

 

この前webで読んだ記事なのだが

40代の女性をターゲットにした、洋服メーカーのお店には

 

40代は全然来なくて60代女性が来るそうだ。

じゃあ、40代女性はどんな店に行くのか?

というと、多分30代か20代の洋服を揃えた店に行くのだろう。

 

時たまだけど、娘さんと一緒に歩いている

どう見ても50代と見えるお母さんが

娘さんとおそろいみたいなチュニックを着て

ストレートの髪をなびかせていたりする。

 

母娘おそろいは、お子さんが幼稚園くらいまでは可愛いが

(おそろいのTシャツとか)

50代と20代の母娘がお揃いの服だと、はっきり言って痛い。

2度見か3度見くらいしてしまうこともある。

 

50代が20代の服を着ていると(たとえ色が地味でも)

必要以上に老けて見える、というかその前に不気味だ。

 

まあ、それはそれとして、60代の洋服の若年化についてだが

 

昔の60代、というのは、明らかにおばあさん、と呼ばれる年齢で

グレーだの、焦げ茶だの、紫だのが ごちゃごちゃしたような模様の服を

着ていたりしたものだが

 

最近の60代は、お婆さん、と呼ぶにはとまどう、昔の60代よりずっと若く見える。だから、60代向きの服売り場なんて行かない。

平気な顔で40代向きの服売り場に行く。

店員も、売れればいいわけだから、40代むけのデザインの服を60代に売るわけだ。

 

このあたりで、洋服のデザイン界も考え方を変えて

若々しい60代の服を作ってもらいたいものだ。