読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく老いる、60代女性のダイエット、美容、健康のためのブログ

もう60代、まだ60代、私達が楽しく美しい日々を過ごすために

このエントリーをはてなブックマークに追加

中高年のメイクアップ 眉の描き方がどうしても不自然になる件 眉の描き方のコツ

<

f:id:yume-oi:20160420172640j:plain

 

 

中高年の化粧を見ていて、何か変だ・

と思う人は多いと思う。

 

理由はいろいろあると思うが

まず、眉の描き方が不自然だ。

 

必要以上に明るい色の眉ペンシルで、グイグイと1本線で書いてあることが多い。

 

明るい茶色の眉ペンシルを使用しているのは大抵、髪の色も

かなり明るい色で染めたご婦人だ。

 

中高年のあまり明るい(金色に近い)髪の色は下品に見える。

 

髪の色を自分で思うより、あと一段、暗めの色に染めた方が上品だ

と、私は思う。

 

髪の色を、落ち着かせたら、私のおすすめする眉ペンシルの色はグレーだ。

グレーは、使ってみればわかるが、自然な眉の仕上がりになる。

 

ただし、しつこいが、髪の色がかなり明るい場合は、茶色い眉ペンシルを

選ぶしか無いだろう。その場合も、髪の色より鞍目の茶色を選ぶこと。

 

そして、絶対に、眉を一筆書きのように、一本の線で描かないこと

 

 

 

 

この画像のように眉ペンシルは、細かく動かして、

(何本も短い線を重ねて)眉の形を作ること

そして、最後に眉ブラシで、眉全体をぼかすこと。

 

 

  • 眉ペンシルの色は自分が思うより、やや暗い色を選ぶこと
  • 眉は眉ペンシルを細かく動かして、形を描くこと
  • 最後は必ず眉ブラシで全体をぼかすこと

 

この3点を守れば、かなり自然な眉が描けるはずだ。