読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく老いる、60代女性のダイエット、美容、健康のためのブログ

もう60代、まだ60代、私達が楽しく美しい日々を過ごすために

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベッキーvs週刊文春 本当はベッキーって嫌われていたんだけど、知らないのは芸能界だけだった

60代女性 雑感
<

f:id:yume-oi:20160428160815j:plain

 

今日はちょっと畑違いのことを書いてしまう。

今さらながらベッキー、週刊文春にお手紙を書いた、という記事。

 

コンビニで立ち読みしてきました。

内容としては

 

もう、ゲス川谷に気持ちはありません。 奥様に直接会ってお詫びしたいけど

奥様には断られました。

 

ということかな?

私は反省しているのに、川谷の奥さんが根性悪くて、謝らせてくれないのよお。

と、言っているように読めた。

 

うーん。私はベッキーって、好きでも嫌いでもなかった。

ベッキーがなぜ、あんなにテレビとかCMに出ているのかわからなかったけど

とりあえず私の生活に支障はないので、気にしなかった。

 

で、ベッキーが不倫したら、大ブーイングの嵐で、ちょっと驚いた。

「ああ、ベッキーって嫌われてたんだな」と思った。

 

だって、ベッキーが浮気したって、ベッキーに本物の人気があれば

もうちょっとベッキーに同情する声も上がっただろう。

 

だけどね、ベッキーは石もて追われる状態で芸能界を休業した。

視聴者がベッキーに食傷していたんだろう。

 

ベッキーはもう視聴者に飽きられていたんだけど

芸能界は、それに気付かなかった。ベッキーはずっと元気印のいい子ちゃんで

視聴者の好感度が高い、と勘違いしていたのね。

 

今回の不倫がなくても、いずれベッキーは消えていく方向にいっただろう。

だって、32歳で元気で明るい、だけのキャラなんて生き残れるはずがない。

 

ベッキーは週刊文春にお手紙を書いたら、世間の同情が集まって

また復帰できる、と計算したのかもしれないけど

 

どっこいそうはいかないと思う。

視聴者がすでにベッキーに飽きているから。

もうCMの話もこないだろうし、どっかの番組のアシスタントやるには

年がいき過ぎている。

 

ベッキー人気はバブルだったと、本人も、所属会社も

そろそろ気付いていい頃だと思う。

 

今回は慣れない、芸能批評なんか書いてしまった ^^;

だって私はもう、ベッキーの顔をテレビで見たくないんだもの。

ベッキーどうでもいい → ベッキー嫌い の方向に心が行ってしまった。