読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく老いる、60代女性のダイエット、美容、健康のためのブログ

もう60代、まだ60代、私達が楽しく美しい日々を過ごすために

このエントリーをはてなブックマークに追加

子供がいない、というと同情されるのはなぜだろう? 子供を持たない選択

60代女性 雑感
<

f:id:yume-oi:20160510110714j:plain

 

私には子供がいない。

正直に言えば、私は幼稚園の頃から子供が欲しくなかった。

 

子供が欲しくなかったから、子供を持たなかった。

けれど、子供がいない、と世間様に言うと

何となく相手がばつの悪い顔をする。

内心(気の毒に)と思っているのがわかる。

 

私は子供の頃から、赤ん坊になんて、全然興味がなかった。

自分はお母さんになんかなりたくなかった。

 

だけど、それを世間に言って納得されることは無かった。

「自分の子供は別よ」

「産んでみると可愛いわよ」

 

などと、私が若いときは散々言われた。さすがに今は誰も言わないけど(^_^;

 

最近、山口智子さんが「子供を持たない選択」

というのを公にして、話題になったけれど

 

一人の女が「子供を持たない選択」と声に出して言えるまで

何と戦後60年以上かかっているのだ。

 

女は子供を持って一人前、という風潮がそろそろ終わらないものか。

 

何故私が子供を持ちたくなかったか?

というと、

 

  • 自分の遺伝子をあとに残したくない
  • 子供に十分手と金を掛けて育てる自信がない

 

というのが主な理由だ。

遺伝子? そう、私は自分がたいした人間ではないと思っている。

こういう人間の遺伝を持った子供は可哀相だ。

 

で、もし、まかり間違って、旦那の(優秀な?)遺伝子を受け付いた子供が

大変な才能を持っていて、「医者になりたい」だの「ピアニストになりたい」

などと言い出した場合、私は子供に十分なサポートをしてやれるのか?

ひらったく言えば、子供のために、夫と私はそれだけ金を稼げるのか?

 

と、いう二つの理由で私は子供を欲しくなかった。

幸いにして、夫だった人(亡くなりました)も、子供が欲しくない人だったので

私は歳をとっても子供を持たない女になった。

 

正直、子供を持たなかったことに1ミリの後悔もないし、孫がどうのこうの

いう気持も全然無い。

だが、それを世間様に言っても、負け惜しみ、と思われるだけだ。

 

歳をとったらどうするか? って? 

じゃあ、子供さえいれば、老後は安泰なのか? そんな保証はないだろう。

 

だが、世間は納得しない。女→結婚→子供無し→可哀相

女→未婚→老齢→可哀想

 

と、いう図式が強固に出来上がっているようだ。

子供をたくさん育てたお母さんは尊敬するが、私はそんなものになりたくなかったのだ。

 

子供を持たない選択、子供を沢山持つ選択、どちらも尊重されていい、と思うのだが、そういう考えが浸透するまで、日本は、あと何年待たなければならないのだろうか?