読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく老いる、60代女性のダイエット、美容、健康のためのブログ

もう60代、まだ60代、私達が楽しく美しい日々を過ごすために

このエントリーをはてなブックマークに追加

60代女性 アンチエイジングのための美容整形手術について

<

 

 

f:id:yume-oi:20160511161253j:plain

 

 

私が若くて、顔にたるみもほうれい線もない頃のことである。

私は半ば本気で

「年をとって、たるみやしわができたら、整形手術をして直せばいいじゃない」

と、思っていた。

 

「更年期が来て調子が悪かったら、女性ホルモンを飲めばいいじゃない」

とも思っていたので、若いってなんて無知なんだろうね、

と今なら思う。

 

私もただんだん、年を取ってきて、たるみもシワもできるようになってきた頃

弘田三枝子さんをテレビで見た。

 

弘田三枝子さん、といえば。若い頃はポッチャリとして可愛い娘さんだった。

カバーポップスで多くのヒット曲を出している。

 

だが、ある日、弘田三枝子さんは、スリムな美女として、突然現れてきた。

外人のような美貌だった。誰が見たって、「整形美容やったな」

と、いう顔だった。でもその頃の弘田さんは本当に美しかった。

 

で、私の顔がたるみが目立ち始めた頃、テレビに出てきた弘田さんは

「あれっ?」という表情になっていた。

もしかして、整形美容のやりすきかしら? ということは素人の私にもわかった。

 

同じ頃、マイケル・ジャクソンの表情も何かキナ臭くなりはじめた。

 

 

その頃、知人のお父さんの話を聞いた。

知人の家は、とてもお金落ちの家系である。

 

そこのお父さんが70歳の時、アンチエイジングの美容整形をしたのだそうだ。

その結果、大変若返って、ご満悦だったそうだが、

その後1年ほどして、お父さんの顔は元に戻ってしまったそうだ。

 

その話を聞いて、私は納得した。

アンチエイジングの美容整形は可能だ、だが加齢の勢いには勝てない。

もし、美容整形で、若さを保つとしたら

毎年手術を続けなければならない。

 

そうやって、何度も美容整形を繰り返した結果が

弘田三枝子さんであり、マイケル・ジャクソンであるのだろう。

 

そういうわけで、私はアンチエイジングのための美容整形をしないことにした。

だいたい毎年、美容整形をするようなお金はないしな ^^;

 

私は自然なまま、年をとります。

できるだけ、品のいいおばあさんになれるように心掛けながら。