読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく老いる、60代女性のダイエット、美容、健康のためのブログ

もう60代、まだ60代、私達が楽しく美しい日々を過ごすために

このエントリーをはてなブックマークに追加

格差社会が叫ばれているけれど 貯金がまったくゼロの人ってそんなにいるの?

<

f:id:yume-oi:20160513100100p:plain

 

 

友達のご主人が亡くなった。60代後半でガンであった。

その後、友達とお金のことを話したことがある。

 

友達は60代前半、

「遺族年金と、ご主人が残してくれ貯金などで

残りの人生をなんとかやっていける」と言っていた。

 

で、そこで、話が進んだ、

「世の中に貯金ゼロの人がどのくらいいるんだろうか?」

ということである。

 

私も友人も、貯金は多少ある。

例えば、親戚で不幸などがあっても素直にお香典を出せる。

 

もし、何かの事情で入院することになっても

当面はお金が払える。

 

が、貯金ゼロってことは、そういう時、どうするんだろうか?

 

いざという時のための貯金がゼロってことは、どうやって暮らしていくの?

 

まず、ホームレスの方々、この方々の大部分は貯金が無いだろうとは思う。

20代で、奨学金を返還している方も貯金がないかもしれない。

などと友達と話していたのだが、

 

この問題は専門家の登場で、簡単に疑問が解けた。

知り合いの銀行員の方がこう言った。

 

「貯蓄ゼロの方は結構いますよ。たとえば、親戚の結婚式の祝い金が払えなくて

 カードローンで借りるとか」

「車検の代金が払えなくて、ローンを組むとか」

 

世の中には、低所得でもきちんと貯金する層と、収入が多くても貯金できない層というのがあるのだそうだ。

 

その銀行員に言わせると

「世の中には、お金の計算をして使える人と、お金の計算ができない人がいる」

のだそうで、給料をもらったら、もらったものは全部使って良い、と信じている層がいるのだそうである。

 

「それじゃなくちゃ、世の中にサラ金とか、過払い金を取り戻しましょうとか

 いう宣伝があんなにあるわけないじゃないですか」

 

という彼の言い分に非常に納得したのであった。