読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく老いる、60代女性のダイエット、美容、健康のためのブログ

もう60代、まだ60代、私達が楽しく美しい日々を過ごすために

このエントリーをはてなブックマークに追加

節約? スーパーのレジ袋を紐(ヒモ)にして使ってみる。

60代女性 節約
<

f:id:yume-oi:20160607102601j:plain

 

ある掲示板でこんな記事を読んだ。

「自分のおばあちゃんは、倹約家でスーパーのゴミ袋もヒモにして使って

 何でも最後はヒモにして使って、死んだときには貯金が1億5千万あった」

 

私の場合、どうやって倹約しても1億超えどころか1千万超えの貯金だって

できそうにもないが、

 

レジ袋をヒモにして使う、という発想がなかったので試した。

 

使ってみたのは、普通より一回りくらい大きい、ちょっとくたびれたレジ袋。

上の画像のものである。

 

これの切り開き、画像のような状態にする。

 

f:id:yume-oi:20160607103038j:plain  

こういうふうになります。雑な仕上がりは許して下さい。

不器用なものですから (^_^;

 

これを2センチ幅に切り、結んで繋ぎます。こういう状態になります。

 

f:id:yume-oi:20160607103255j:plain

 

すいません、右側の、赤い紐はデジカメにつけているヒモです。ごめんなさい

m(__)m

 

ここまで、作り上げるまで10分、ヒモの長さは6.5メートルでした。

このヒモでいらない本を縛ってみました。

 

f:id:yume-oi:20160607103443j:plain

 

十分にヒモとしての役目を果たします。

 

うーん、今は100均で、200メートルのヒモを売ってます。

これを元にレジ袋ヒモの値段を出してみます。

 

100均のヒモの値段は、1メートル0.5円 6.5メートルですと

3円50銭です。 スーパーで「レジ袋を下さい」と言うと

1枚5円、ということが多いので、70%元が取れるわけです。

 

私は、できるだけマイバックを持って歩いて、レジ袋をもらわないように

しているのですが、時として、もらってしまうことがあります。

 

実際、自宅に使用済みのレジ袋が1枚もないと、不便なこともあるし。

 

でも、ちょっと保存レジ袋がたまりすぎだな、と言う時や

たまたまヒモが手元にない時は、このレジ袋ヒモは役に立つかもしれません。