読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく老いる、60代女性のダイエット、美容、健康のためのブログ

もう60代、まだ60代、私達が楽しく美しい日々を過ごすために

このエントリーをはてなブックマークに追加

少ないお金で暮らしていく  貧乏女子の定義?

<

 

f:id:yume-oi:20160611081003p:plain

 

 

私は今も貧乏だけれど、学生時代はもぅと貧乏だった。

もう40年前だけど、東京で風呂無し25000円の部屋に住んでいた。

銭湯は、歩いて5分のところにあったけど、毎月10万で暮らしていた。

(学費などは別)

 

今でも覚えているけれど、麺つゆが買えなくて、いつも醤油と砂糖と

みりんとだしの素で、麺類のつゆを作っていた。

まあ、普通といえば普通かもしれないけど、その頃、258円の麺つゆを

買うのが惜しかった。

 

ペットボトルの飲み物は買わない、とかお菓子はあんまり買わない

とか、まあ自分なりのルールを作って暮らしていた覚えがある。

 

それでも10万(バイト5万、仕送り5万)でちゃっかり、1ヶ月1万円くらい

貯金していた覚えがある。一体どうやって暮らしていたんだろう?

友達に旅行に誘われれば1泊くらいだったら1年に1度位行っていたし。

 

でも、月に1度、私のところに遊びに来る母が見かねて、時々ブラウスなどを

買ってくれていた^^; その頃、持っていた洋服は少なかったけれど、下着などは、安物でも自分でちゃんと買い換えていた。

ヨレヨレの下着を付けていた覚えはない

 

学生時代の貧乏は、就職すれば何とかなる。ということで

私自身それほど深刻に思っていなかったし、結構楽しんでいた。

実のところ、本当に暮らせなかったら実家に帰ればいいし

みたいな考えもあったことは確かである。

アルバイト先に困ったこともなかった。

 

だが、最近の貧乏は私の時代と程度が違うらしい

 

一番びっくりしたのはパンツ(下着)を2枚しか持ってない

という女の人に会ったことだった。

「えっ?」

 

その方は、会った途端にそんなに貧乏に見えなかった。

ジーンズにTシャツ、スニーカーという格好がよく似あっていたし

元々美人さんなので、化粧なしでも全然おかしくなかった。

 

「パンツは2年前、50円のを2枚買って、ずっとそれを履いてる」

私も通販で1枚280円のパンツを10枚セットで購入している人間だが

私の周りの方々は、1枚1000円くらいのパンツを普通に買っているから

私は自分がかなり貧乏なんだな、と思っていた。

が、50円のパンツが2枚だけしかない、という話は結構衝撃だった。

1枚50円のパンツだったら、せめて10枚位買っておかないか?

(ちょっと違うか?)

 

あと、彼女は、色のついた飲み物を長いこと全然飲んでいない

と言っていた。これはペットボトルの飲み物のことではない。

茶葉が買えないのだそうだ。飲み物は水道の水だけ。

 

うーん、茶葉の買えない貧乏は、味わったことがなかったな。^^;

 

でも、そうやって、工夫しながら(?)一人で生きていく彼女は

えらい。私は自分が、いいかげん貧乏な人間だ、と思っていたが世界は広い

甘ったれた自分に、活を入れた日であった。