読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく老いる、60代女性のダイエット、美容、健康のためのブログ

もう60代、まだ60代、私達が楽しく美しい日々を過ごすために

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなはずではなかったこと 60歳を過ぎたら出てきた思いがけない出来事

<

 

正直、自分が若くない、ということは判っていた。

60歳を過ぎたら「ばあさん」と呼ばれても仕方がないのだということも。

 

けれども、その他は若い時と変わらない、と思っていた。

多少無理は効かないし、多少行動は鈍いし

針に糸を通すとき、虫眼鏡がいることも

辞書を調べるとき、虫眼鏡がいることも

ペットボトルの蓋を外すのが大変になったことも

全部大したことのないことだと思っていた。

自分の努力で、そのくらいは補えるのだと思っていた。

 

年を取るとね、嫌だけど、どうしようもないことがいろいろ起きる、と解ったのは最近

 

最初は、人が死ぬことだった。仲の良かった友達が、突然くも膜下で死んだ。

61歳だった。

彼女とは、一緒にランチに行ったり、ボーリングに行ったり、楽しい時間を過ごしていたのに、もうそういうことができなくなった。かなり寂しい。

 

仲の良かった、田舎の従姉妹が65歳で脳溢血で死んだ。

しつこいが時々電話で話していた従兄弟も60歳で突然死した

(朝起きたら死んでいたそうだ、今のところ心臓麻痺だろうと言われている)

 

友達の一人は腰痛で出歩けない。友達の一人は精神的に病んでしまった。

友達が二人ほど、持病が悪化して、外出が無理になった。

 

自分が年を取ると、唖然とするほど周りの人がいなくなる。

 

そんなことは考えたこともなかった。

遊び相手がいなくなるのが寂しいいうのは自分の勝手だが、寂しくて仕方がない。

知人の一人が「早く死んだ者勝ちね」

と言ったけど、そんな気がすることもある。

 

60代でこれなのである。唖然とするばかりである。

70代になったら、知り合いが誰もいなくなるのじゃないか? と考えてしまう。

 

自分のこととしては、腰が痛い。今、腰痛体操をやっているけど、なんとなく心細い。

あと、歯が悪くなった。半年に一度、歯の定期検診に行っているのだが

前歯に小さな虫歯が見つかった。他にも危ない歯があるという。

頑張って歯磨きしたら奥歯が知覚過敏である。どうしたらいいんだろう?

今週末に歯医者に行くので相談してみるつもりだけれど。

 

確実に体力が落ちている。あちこちからミシミシと身体の不調がやってくるようで怖い。

 

私は一人っ子で孤独に強い、と思っていたけれど、それは勘違いだったみたいだ。