読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく老いる、60代女性のダイエット、美容、健康のためのブログ

もう60代、まだ60代、私達が楽しく美しい日々を過ごすために

このエントリーをはてなブックマークに追加

紫のバラと高齢女性が教えてくれたこと どんな時も未来を信じれば叶うかもしれないことがある。

<

 

f:id:yume-oi:20160802151652j:plain

 

昔、私には年上の知り合いがいました(今は亡くなりましたが)

知り合った時、私40代の半ばでした。

その年上の女性は80歳くらいに見えました(実際はもっと若かったのですが)

 

その方は腰と足が悪くて、立ち歩きが不自由でした。

それで、「遊びにおいで」と誘ってくれたりしました。

私も時々おじゃましました。

 

ある時、その方が園芸のカタログを見ていました。

足腰が不自由なので、買物はほとんど通販を使っていらっしゃいました。

 

そのカタログには紫のバラの苗が載っていました。

「このバラを買おうと思うの、3年くらい経てば、家の垣根を覆うと思うの」

私はびっくりしました。だって私の目には、その方が80代に見えたからです。

「あと3年って、このバラが大きくなるまで、この人は生きているつもりなのかしら?」

 

大変失礼なことに、私はそんなことを思っていたのです。

 

私が80代だと思っていた方は実際は70代初めだったのかもしれません。

何年かたって、そのお宅に伺うと、紫のバラが、見事に咲き誇っていました。

 

私は自分の不明を心の中で詫ました。

 

人間、何をするにも遅すぎることはないんです。

 

歩いていて、どこかのお宅で紫のバラを見る度、私はそのことを思い出します。

3年後を思って種を撒いたら、花が見られるかもしれません。

「もう遅い」とは思わず、いつも希望の種のようなものを撒いておこうと思うのです。