読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく老いる、60代女性のダイエット、美容、健康のためのブログ

もう60代、まだ60代、私達が楽しく美しい日々を過ごすために

このエントリーをはてなブックマークに追加

3月3日が近づいてきました。長年飾ってきた、私の小さなお雛様

60代女性 暮らし
<

f:id:yume-oi:20170225152118j:plain

 

 

3月が近づくと、思い出すのは雛人形のことです。

私の小さい時、私の家族は六畳一間のアパート暮らしでした。

その頃、そんなアパートに住んでいる家族は結構多かったです。

 

トイレと台所が共用で、お風呂は銭湯通いです。

もう50年以上昔のことです。

その頃の銭湯は、すごく混んでいて

座る場所を確保するのが大変でした。

 

そういう思い出があるので、ごく稀に銭湯に行ってみると

あまりのガラガラさに驚きます。

銭湯も無くなっていくのでしょう。

まあ、スーパー銭湯などは盛況のようですが。

 

話がそれました。私が生まれた時

母方の祖父が「女の子だからお雛様を買いなさい」

とお金を送ってくれたそうです。

でも、そのお金は生活費に消えてしまいました。

六畳一間ではお雛様を飾る場所も無かったでしょうが?

 

それで、叔父が、「女の子なのにお雛様がなくてかわいそう」

と言って、一組の立ち雛を送ってくれました。

 

f:id:yume-oi:20170225153007j:plain

 

こういうようなのですね。

ところがこのお雛様は、時代的に質が悪かったようで

数年飾ると、髪の毛は抜け、色がはげてしまいました。

申し訳ないのですが、結局捨てました。

 

安くて小さいお雛様は、優秀でした。(^o^)

 

それから月日がたち、ある日、駅ビルで小さなお雛様を

見つけました。男雛女雛のセットで1000円もしませんでした。

値段もお気軽なので、

「今年だけ飾れればいいや」

という軽い気持ちで購入しました。

 

ところがこの安くて小さいお雛様

(女雛男雛がそれぞれ3センチ四方くらい)

優秀でした。^^;

ひな祭りが近くなると、毎年玄関に飾ってますが

もう20年位、全然変質しません。

色がハゲるわけでもなく、カビが生えるわけでもなく。

 

たまに浮気して違うお雛様を買ってみようかな?

と思っても見るのですが

こういう安いお雛様で気に入った顔のものがないのです。

まあ、雛人形は顔が命、というコマーシャルもありましたし。

 

大きな7段飾りのお雛様、というのも素敵なんですが

毎年、飾ったり片付けたりするのが大変だ という声も多いし。

 

私はきっと、この小さなお雛様を一生飾るんだろうな

と思います。