読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく老いる、60代女性のダイエット、美容、健康のためのブログ

もう60代、まだ60代、私達が楽しく美しい日々を過ごすために

このエントリーをはてなブックマークに追加

山口百恵が嫌いな人間もここにいるんだが。

<

f:id:yume-oi:20170302113147j:plain

 

年代的に、私は山口百恵がデビューした時期を知っている。

桜田淳子と一緒に出てきた。

桜田淳子の方は、ひと目で美人だ、と思ったが

(美人だから好き、ということではない)

百恵ちゃんの方は、ブスだと思った。

 

ショートカットで、長いスカートを履いた百恵ちゃんは

クラスにいたら、上から5番目くらいの器量だと思った。

足も太いし、O脚だったし、胴も長いし、垢抜けないし

歌も別に上手くないし(私の意見だから怒らないでね)

 

ふーん、と思ってみていたら

あれよあれよ、と言う間に山口百恵は時代の寵児になっていった。

女性週刊誌では「百恵さんが着た服」とか特集されていて

それが、ただの刺繍したGパンだったりした。

 

もう、覚えている人も少ないと思うが

森茉莉という作家の方が、週刊新潮でドッキリチャンネル

というテレビ批評の連載をしていて人気があった。

 

この森茉莉が、さんざん山口百恵のことを嫌いだと連呼していた

 

森茉莉の言い分は、大まかに言うと、山口百恵は貧乏くさい顔で

品がない。というようなことだったと思う。

私も、すっかり同意見なので、森茉莉の連載を読むのが楽しみだった。

 

山口百恵と同系統な顔だなあ、と思ったのは田中絹代だ。

彼女は大女優と呼ばれていて、美人と言われていたんだが

私は世代が違うんで、おばあさんになった時の田中絹代しか

知らなかった。田中絹代は、おばあさんだけど

美人なおばあさんには思えなかった。

 

その後、田中絹代の若い時の写真を何枚も見ることがあったが

やっぱり若い日の田中絹代も美人に見えなかった。

一言でで言えば貧乏くさい、品のない顔だと思った。

。。。そう、田中絹代と山口百恵と同系統の顔なのだ。

なんというか、失礼するがションベン臭い顔、という種類の顔だ

きれいに言えばクールビューティ、というのだろうが

荒川静香も言いようによればクールビューティだからな 

 

人気絶頂の頃、山口百恵を批判した人を私は森茉莉の他に1人しかしらない。

山本夏彦だ。彼は同じく週刊新潮の連載コラムで

山口百恵の引退について

「鏡で見れば十人並みの容姿の自分が騒がれるのが不思議だったろう」

という意味のことを書き、引退は妥当な選択だ、と書いた。

 

私もそう思う。私は山口百恵が嫌いだが、すっぱりと引退したことは

潔い、と思う。山口百恵は引退によって、完成し、伝説になったと思う。:

 

人気凋落も、美貌(?)の変化も、周りから揶揄されることなく済んだのは

山口百恵が早くに引退したからだ。

その意味で、私は山口百恵は嫌いだが、賢い人だと思う。