読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく老いる、60代女性のダイエット、美容、健康のためのブログ

もう60代、まだ60代、私達が楽しく美しい日々を過ごすために

このエントリーをはてなブックマークに追加

実は宇多田ヒカルの歌の良さが全然わからない

<

f:id:yume-oi:20170311101455j:plain

 

 

デビューの時からヒットを飛ばし

歌のうまさと、新しさで最大限の賞賛を浴びた(ような気がする)

宇多田ヒカルだけれど

私は最初から、彼女の良さが全然わからなかった。

今でもわからない。

 

故藤圭子の娘として、育ち方には問題があったようだけれど

(藤圭子は統合失調症だったと言われる)

音楽の才能だけはしっかりと受け継いでいるようだ。

 

実は宇多田ヒカルと藤圭子のデュエットが残されているのだが

藤圭子が宇多田を食ってしまうくらいうまい。

(前にyou tube にupされていたのだが消されてしまったようだ)

 

藤圭子、というのは歌の上手い人だった。それは私にもわかった。

その才能をしっかりと受け継いだ宇多田ヒカルは

作詞作曲の才能にも恵まれて

音楽が売れなくなった、言われる現在

十分な売上を上げている。

 

なんたって、名前からして うただ ひかる

だもんな。 音楽に恵まれて生まれてきたんだろうな

ということを暗示させる。

 

だが、私にはわからないのである。

宇多田ヒカルの歌のどこが良いか

年代的なものか、個人的なものかはわからないが

特に惹かれるものがない。

 

文学において村上春樹がわからないように

音楽において宇多田ヒカルがわからない。

 

村上春樹がわからない人は一定数いて、あちこちで声を上げているが

宇多田ヒカルがわからない、という声は聞いたことがない。

 

多分、私と同じように宇多田ヒカルがわからない人が

どこかにいる、とは思うのだが

もし、私と同意見の方がいらっしゃいましたら

コメント欄に書き込んで下さると嬉しいです。m(_ _)m