読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく老いる、60代女性のダイエット、美容、健康のためのブログ

もう60代、まだ60代、私達が楽しく美しい日々を過ごすために

このエントリーをはてなブックマークに追加

加賀まりこさんは、デビュー時 野暮ったい普通のお嬢さんだった。

<

f:id:yume-oi:20170318200731j:plain

 

上の画像を見て欲しい。

これが加賀まりこのデビュー作である。

ここに写っている女性が加賀まりこだ。

口元を見て欲しい。

歯並びと口の形だ。

 

目元を見て欲しい、目尻が下がっている。丸い目ではない。

1962年である。

 

実は私は子供の頃、藤木孝のファンであった。^^;

藤木孝、というのは上の画像に一番大きく写っている男性だ。

ツイスト男、ということで1~2年活躍した。

 

藤木孝は歌手であったが、当時、渡辺プロダクションを辞めて

仕事を干された。

干されている時に 篠田監督に誘われて主演した映画がこれだ。

藤木孝の演技は上手くはなかった。

 

今、藤木孝は70歳をゆうに越え、それでもミュージカル俳優だ。

藤木孝は歌は上手かった、だが演技は下手だった。

そこを鑑みて到達したのがミュージカル俳優という道だったと思う。

 

私は藤木孝のファンであったのけれど、この映画が上映された頃は

まだ幼かったので映画館では見ていない。

成人してからビデオ屋で、借りて見た。

 

その時、藤木孝の相手役がデビューしたばかりの加賀まりこであった。

今では小悪魔&可愛い女優の代表のような加賀まりこだが

デビュー時は泥臭い、普通のお嬢さんだった。

口元の感じと目元の感じが最盛期とはぜんぜん違う。

目元は二重であったが、最盛期のような鈴を張ったような

丸い大きな目ではなかった。

 

だが、このデビュー作で加賀まりこは、世に知られるようになった。

この映画の加賀まりこは美人ではなかったが、コケティッシュな魅力があった。

それは、個性というものであり、個性が美を越えたのだと思う。

 

デビュー作は1962年であるが、その2年後に出演した映画では

こういうふうに顔が変わっている。

 

f:id:yume-oi:20170318202609j:plain

 

明らかに目元と口元に手が加えられている。

口元、というのは単に歯並びの問題であったのかもしれないが。

 

私がすごいな、と思うのは、大衆の目だ。

デビュー時、泥臭い普通のお嬢さんだった加賀まりこは

それにもかかわらず、人気が出た、

 

その後、おそらく目と口に手を加え、

あのキュートな加賀まりこになったのだろうが、

ある意味、それだけの手加減で、あのキュートな加賀まりこができた、

ということは、元々の素材がいい、ということだ。

 

昔の女優さんでも、整形手術をしていた人は何人もいる。

 

デビュー作の普通のお嬢さんの中に、大衆は、キュートで

小悪魔の加賀まりこの芽を見つけていたのだ。

すごいことだと思う。

 

あの頃映画 「涙を、獅子のたて髪に」 [DVD]