読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく老いる、60代女性のダイエット、美容、健康のためのブログ

もう60代、まだ60代、私達が楽しく美しい日々を過ごすために

このエントリーをはてなブックマークに追加

若い人にはネイルが常識だけど、高齢者のネイルはどうかな?

<

f:id:yume-oi:20160509101735j:plain

 

アメリカでは数十年前から、

「口紅はつけなくてもネイルはする」というのが常識だったらしく

生活保護をもらっている世帯でも、ネイルは欠かせない、と聞いたことがある。

大分昔の話なので、今は違っているかもしれない。

 

日本でも、10代〜40代くらいではネイルをするのが常識みたいになっている。

ネイルサロンで施工してもらうと、5000円くらいかかるようだし

ちょっと凝ったネイルだともっと高いようだ。

 

60代の知人が、ジェルネイル、というのをしてもらっていた。

値段を聞いたら、友人価格で5000円、というから、本来はもっと高いのだろう。

 

ジェルネイルは、マニュキュアを使わず、合成樹脂で施工するので

はがれにくく、長持ちする。家事などをしても大丈夫。

2〜3週間は保つから経済的です。

ちなみに普通のマニュキュアだと、1週間くらいしか保たないようです。

 

ジェルネイルは長く続けていると爪が薄くなる。

 

ジェルネイル、いいことばかりのようですが、欠点もあるんです。

爪が薄くなる、というのも一つですが、アレルギーが出る人もいます。

 

高齢者は、どうしても手にシミなどができるので、ネイルをすると手の汚さが目立つ場合がある。

 

最近は美魔女などといって、高齢になっても若々しく魅力的な人もいますが

大抵は手の衰えは隠せないことが多いです。

 

そこに派手なネイルをしてしまうと、手の欠点が目立ってしまいます。

 

とはいえ、私の知人の60代の女性は、とても素敵にジェルネイルを楽しんで

おられました。

 

高齢になるに従って、爪もモロく薄くなってきます。そういうことを

承知の上で、お手入れをよくして、上品なネイルを楽しむのも

大人の女性のお洒落としては魅力的かもしれません。

 

ジェルネイル用品の通販ショップ【フェムネイル】