読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しく老いる、60代女性のダイエット、美容、健康のためのブログ

もう60代、まだ60代、私達が楽しく美しい日々を過ごすために

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピアス穴が裂ける? ピアス穴の位置と重さについて考えること

<

 

f:id:yume-oi:20160614185957p:plain

 

 

もう随分前になるが、病院(内科)に行った時、そこの看護婦さんの

ピアス穴が裂けて、皮膚(肉)が5センチくらい裂けてぶら下がっていた。

見てはいけない、見てはいけない、と思いながら、3回くらい見てしまった。

おそらくピアスの穴が切れたせいだろうなあ、

ああいうのは手術で治らないのかな?と思った。

 

おととい、若い知人(40代くらい、ピアス穴あり)にその話をしたところ

ピアス穴は裂けることが割合多いのだそうだ。

 

どうして裂けるか? というと重いピアス(ぶら下がりタイプ)

を長期間つけていると重みで裂ける。

赤ちゃんを抱いている時、ピアスを赤ちゃんに引っ張られて裂ける

などがあるそうだ。

 

ピアス穴が、裂けるときは、痛みがなく、ほろっとピアスが落ちたので

どうしたのかな? と思うと、裂けているらしい。血などはでない。

 

裂けたピアス穴は形成外科で治してくれるそうだが

結構難しい手術(?)らしい。

 

私は、丁度、添付の画像の位置にピアス穴を開けている。

そして、ごく小さい、軽いピアスしか着けない。

ちょっと胸を撫で下ろした。

 

ピアス穴を開けるとき、耳たぶの下部に開ける人がいる。

耳たぶの下の方にこぼれ落ちそうな感じで1粒ダイヤのピアスが

輝いていたりするとチャーミングだが(宮沢りえさんがやっているそうです)

その位置は、以外とアブナイ位置なのかも知れない。

 

追加で、2つ3つ、とピアス穴を開ける予定の方はいろいろな位置でかまわないのだが、私のように、ピアス穴は、左右1個ずつ、と決めている方は

正当な位置(添付画像の位置)に穴を開けるのが安全かもしれない。